サイバーリスク評価トレーニング

独自のリスク評価を実行して、重要な資産を特定して保護します

オプション1-対面トレーニング

この2日間のコースでは、参加者は情報セキュリティリスク評価の実行方法を学びます。私たちのアプローチは、組織の運用コンテキストにおける情報資産に焦点を当てた包括的な方法論を組織に提供します。コース全体を通して、最新の電子リスク管理ツールを使用します。

コース全体を通して、リスクの特定、分析、対応のためのアクティビティを含む、クラス内の演習とディスカッションに参加します。

コースを完了すると、参加者は次のことができるようになります。

  • インタビュー、ドキュメントレビュー、テクニカル分析を通じてリスク情報を収集および整理します

  • リスク評価基準を作成する

  • 情報セキュリティリスクを特定、分析優先順位付けします。

  • 脆弱性管理アクティビティをリスクコンテキストで表示することにより、それらを改善します

  • オペレーショナル・リスクを管理することは、企業のリスクを管理することが重要である理由を理解します

  • 組織のビジネス要件に適したリスク対応戦略​​を開発する

参加者は、情報資産に対するオペレーショナルリスクに焦点を当てることにより、組織の戦略的目標とリスク許容度のコンテキストでリスク評価を表示することを学びます。

オプション2-サイバーリスク評価オンライントレーニング

オンライントレーニングの利点は、次のステップに進む前に、各ステップで停止し、必要なものを実装または調査できることです。この方法は、コースの終わりまでに意味します。組織のサイバーリスク評価が完了します。

cyber_reconnaissance.png

There are nine modules in this course and cover the Eight Steps in Conducting a Cyber Risk Assessment.

 

Comes complete with all templates and training on how you conduct a Cyber Risk Assessment as per the Software Engineers Institute recommendations.

 

The Operationally Critical Threat, Asset, and Vulnerability Evaluation (OCTAVE) Allegro™ method developed by the Carnegie Mellon University, Pittsburgh USA.

 

The OCTAVE Allegro™ approach provides the Public and Private Sectors a comprehensive methodology that focuses on information assets in their operational context. Cyber risks are identified and analysed based on where they originate, at the points where information is stored, transported, and processed. By focusing on operational risks to information assets, participants learn to view risk assessment in the context of the Public and Private Sectors strategic objectives and risk tolerances.

誰がコースをやるべきですか?

  • 社内で独自のリスク評価を実行できるようにしたい個人

  • 経営幹部、セキュリティプロフェッショナル、ビジネス継続性プランナー、コンプライアンス担当者、リスクマネージャーなど

  • PCI-DSS要件を満たすために、担当者は正式なリスク評価を実行する必要があります

  • サイバーセキュリティに関する知識を増やしたい情報技術技術者

Cyber Quote 3.png
Cyber Quote 29.png
Cyber Quote 23.png